イベント・セミナー

様々なセミナーやイベントを開催しています。

運動制御理論に基づいたエクササイズ処方の考え方〜下肢編パート2〜

セミナー内容

運動の生成には様々な感覚情報が必要であり、下肢の傷害予防やリハビリテーションに限らず、動作へ介入するためには、足部を中心とした下肢関節からの固有感覚情報を知覚、統合することが重要となる。

従来のセオリーでは、動作や痛みの改善に解剖学、運動学的アプローチを用いてきたが、我々トレーナーも神経学的分野の知識を得ることにより、選手や患者へアプローチする際の引き出しを増やすことが可能である。

本セミナーでは、12月に実施したパート1の復習とより実践的な実技形式の内容を多く交えながら、トレーナーや治療家が知っておくべき神経学的アプローチの考え方を中心に紹介する。
(パート1に参加していない方も問題なく理解できる内容となっています)

キーワード
・下肢の基礎解剖と運動学
・運動制御理論
・運動学習理論
・感覚システム
・力学的安定と神経学的安定
・呼吸が及ぼす下肢の安定性と可動性
・慢性疼痛への介入と痛みの正体
・下肢のスクリーニングと静的、動的評価
・静的安定化と動的安定化エクササイズ

ご参加方法

日時:2018年3月25日(日) 10:00〜17:00(受付開始9:30) ※昼休憩1時間
場所:東京リゾート&スポーツ専門学校2号館3階

講師:西川 塁(JASA-AT、JATI-ATI)
   ・東京リゾート&スポーツ専門学校 卒業
   ・文京学院大学大学院 修了

料金:一般 ¥10,000   学生 ¥7,000
※支払い方法は申し込みフォーム入力後、こちらよりメールでご案内させて頂きます。

定員:20名(実技も行いますので、動ける服装をご用意ください)

対象:AT、パーソナルトレーナー、治療家、これからトレーナーを目指す学生

受付は終了しました

トップに戻る